高山、乗鞍岳旅行

平成25年7月23日から25日にかけて高山市、乗鞍岳に出掛けた。

7月23日(火)

午前9時にヒルトンホテルイーストプラザ前に集まり、歩く会の仲間でマイクロバスをチャーターし出発した。名神高速道路、東海北陸自動車道を通り、2時30分頃高山市に到着し、市内を散策した。主に安川に沿った南北に連なる古い町並を中心に散策した。古い家並みで統一された落ち着きがあり、趣のある街並であった。4時頃平湯を経て、奥飛騨温泉郷の入口辺りにある、宿泊ホテルに向かった。途中で平湯の乗鞍岳が見えるであろう場所でバスを降りたが、雲に閉ざされ見ることは出来なかった。

高山市政記念館

古い町並み

通りの両側に酒蔵がある

酒蔵の酒の陳列

安川通りより北の通り

木製の食器、漆器の店も多い

古い町並

漆器

緋鯉などが放流されている綺麗な水の宮川にかかる弥生橋の北側

宮川にかかる弥生橋の南側

桜山八幡宮の表参道

桜山八幡宮

飛騨高山まちの博物館

 

 

7月24日(水)

早朝雨が降り、出発時は雨がやんでいたが、天気の良くない中8時30分頃、まず、平湯大滝に向かった。昔に2回ほど訪れたことがあり、勇壮な滝として印象が残っていたので、仲間に今回推奨した。平湯大滝は幅6m、落差64mで水量の多い滝である。今も変わりなく、いい景色の滝であった。この後、一般車両乗り入れ禁止の有料スカイラインを通り、乗鞍岳の標高2700mにある畳平に雨の中向かった。雨の中でも山頂に登れる事を期待しながら畳平に到着したが、風雨が強く、登頂は諦め、お花畑だけをボランティアの案内で40分程散策した。風雨の中、なんとかできるだけ多くの花の写真を撮ろうと頑張った。お花畑散策後バスのなかで昼食弁当を取り、畳平からエコーラインを通り乗鞍高原に午後2時頃降りた。乗鞍高原ではほとんど雨も上がりかけていたので、一の瀬園地の小道を1時間程散策した。この後、白骨温泉のホテルに向かった。

平湯大滝

平湯大滝

1974年9月21日の平湯大滝

1974年8月5日の乗鞍岳山頂からの展望

平湯大滝

畳平駐車場

鶴が池と霞む大黒岳

霞む富士見岳?

お花畑、ヨツバシオガマ

ミヤマアキノキリンソウ

ミヤマミミナグサ

コマクサ

ウサギギク

白い花はハクサンイチゲ、紫の花はイワギキョウ

白い花はハクサンイチゲ、黄色い花はミヤマキンバイ

お花畑

お花畑

オンタデ

チングルマ

クロユリ、白い花は?

 

白い花はアオノツガザクラ、ピンクの花はコイワカガミ

ミネズオウ

シラネニンジン

 

1974年8月5日の乗鞍高原からの展望

7月25日(木)

良い天気の中9時頃ホテルを出発し、安曇野のわさび農園に向かった。安曇野スイス村で昼食を取り、傍にあるわさび農園内を散策した。わさび農園には初めて訪れたが、わさび畑は小さい山間の水の綺麗な場所で栽培されていると思っていたが、このわさび畑は広大な平野部の中でわさびが栽培されているのに驚いた。畑は黒い網で覆われ、石ころで出来た畝と畝の間には綺麗な水が流されており、涼しさを感じた。この後、一路大阪に向かい、無事午後6時頃大阪に到着した。旅行は天気が一番であることが身に沁みた旅であった。

水殿ダム湖

稲核ダム

わさび農園

わさび農園

わさび農園

 

 

 

 

                                            上部へ

HOME 趣味1(旅行) 趣味2(絵画他) 趣味3(陶芸) 徒然(電気雑記)

 

 

 

inserted by FC2 system