富士山登山

平成22年8月9日から10日にかけて一泊二日で富士山登山に出掛けた。

8月9日(月)、10日(火)

バスは梅田を7時30分頃出発し、吉田口5合目に向かった。吉田口5合目に午後4時頃着き、早い目の夕食を取り、生憎の雨のため、雨具を装着し、午後5時15分頃ガイドと共に20人ほどで登り始めた。雨具により雨は遮断できるが、汗が蒸発しないため、下着が汗にまみれながら、また、雨具のため足取りが重く疲れ気味で午後8時20分頃8合目の山小屋に着いた。山小屋で少し休憩を取り、ほとんど疲れは取れないまま、下着も濡れたまま、山頂でのご来光に間に合わせるために午後11時頃出発した。ヘッドランプを頼りに悪戦苦闘しながらやっとの思いで午前3時30分頃山頂に到着した。登山道は人で溢れるほどの行列で人が登っていた。そして、山頂小屋でおにぎり弁当を食べた後、ガイドにせかされ、山頂付近では雨は止んではいたが雨具を着けたまま4時30分頃ご来光を待たず、下りはじめた。そして、ご来光は9合目半近くで見ることにしたが、丁度太陽が昇る付近だけ厚い雲があり、綺麗なご来光を見ることが出来なかった。吉田ルートは吉田口5合目から登りは登り専用ルートがあり、7合目から8合目にかけて多くの山小屋が点在する。下りは本8合目(3400m)までは須走ルートと合流し、本8合目からは別れて下り、6合目で登りと下りが合流するようなコースである。下りは頂上から7合目までの道が赤茶けた砂のような道なので、滑らないように踏ん張る必要があり、足の負担が大きかった。結局、9時頃5合目に到着し、その後、温泉に浸かり、バスで夜遅く大阪に到着した。

1977年7月23日にも富士山に登っている。このときは富士宮5合目からのルートで、下りは御殿場ルートを6合目まで下り、ここから宝永山の方に周り富士宮口に戻るルートを取った。このときには天気も良く山小屋で休憩することもなくご来光を見、お鉢巡りをして、影富士も見ることが出来た。

*以下のすべての写真は画像のクリックにより拡大写真になります。

吉田口5合目出発地点(どこで登山中止になる分からない)

いよいよ登山道

 

 

ようやく8合目休憩山小屋に到着

日の出前4時53分、多くの人が場所取りをし、ご来光を待っている

9合半ほどでご来光を待つ

高く盛り上がった雲のため日の出少し後のご来光

 

 

山頂を望む

下の山小屋が本8合目

 

下の方から雲が上がってくる

頂上の方を望む

1977.7.24の日の出時の山中湖を望む

1977.7.24のご来光

お鉢巡り、富士山火口

 

影富士

 

 

 

 

                                             上部へ

HOME 趣味1(旅行) 趣味2(絵画他) 趣味3(陶芸) 徒然(電気雑記)

 

 

 

inserted by FC2 system